稗方神楽

市指定文化財<無形民俗> 指定日:昭和49年6月28日


稗方では130年程前から一度も絶えることなく、地元菅原神社の祭日と菊池神社の大祭日に神楽を奉納してきた。この神楽は阿蘇神社に起源をもつ肥後神楽の流れを汲むものといわれ、素朴な太鼓・笛のリズムに乗せて勇壮な舞が展開される。


演武は奉剣の舞に始まり、榊の舞、参舞、御幣の舞、弓剣の舞、弓の舞、四剣の舞、歌神楽、二天の舞、地固の舞の構成となっている。


現在は3月15日と12月21日に稗方で、4月5日と10月15日は、菊池神社で舞われる。舞い手の後継者不足が悩みだが、地元住民の協力のもとに伝承されてきている。

稗方神楽
稗方神楽
このページを印刷
2009/12/23 11:27 [ 9868hit ]